スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大失敗! Windows 8

Linux愛好者といえどもWindows から完全離脱はできない。プリンター/スキャナー問題、他者とのやりとり、そしてFileMaker/Excelなど愛用ソフトの問題があるから。

XPが来年4月からサポートされなくなり、セキュリティが悪くなる?! やむを得ず、このたび Windows 8 に乗り換えた。定評あるE社のタワーマシンとWindows 8.1を選択し、2日前に届いた。期待感がいっぱい。

いまWindows XPで使用中のD社のタワーPCは10年経過、いたって健在。もっともHDDは何度か交換したが。同様に長期使用できる期待をもって導入したのが今回のWindows8 PC。

ところが見事に裏切られた。いわれているように、OS Windows 8 は見事に失敗作、それも大失敗作。デスクトップユーザーにとっては、とんでもないものであった。

タブレット向けに、スマホ的使い方を志向して開発されたものであろう。デスクトップユーザーにとっては何のメリットもない。ただイラつくだけ。

慣れの問題もあるだろう。しかし、こんなひどいOSに時間をかけて馴染む暇はない。Win XP のレベルで使いこなせるまでに相当な時間がかかりそう。「時はいのち」 時間を無駄使いしたくない!

Windows 8.1 を買ったのは、自分も大失敗。Windows 7 にしておけばよかった。Windows 7はノートPCである程度使えていたので、戸惑うことはない。8.1なら改善/改良されているだろうと期待したのがあさはか。

真に悔しいが、Windows 7 OS を新規購入し、これを新PCにインストールすることを考えている。費用はかかるが、Windows 8と付き合う総合的コストのほうが大きくなることは明らかだからやむを得ない。

またしてもマイクロソフトにやられた! クソ!! それにつけても Linux(Ubuntu) の利便をますます感じる。
 
歳の分だけ、Windows 95 → 98 → 2000 → ME → XP・・・とVistaを除き全部付き合ってきたが、今度のWindows 8/8.1 は最悪!!
 
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。