スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナノファルコンにはまってしまった!

11月20日の記事にも書いたことだが、このところすっかりラジコンヘリ=ナノファルコンにはまってしまった。なにしろ室内で飛ばせることがすばらしい!

ところが、この操縦がえらく難しい。高度のゲーム機を操作しているようだ。操縦レバーが極度にセンシティブ? いや乱暴な作りで微調整がやりにくい。

悔しいから毎日特訓。30分の充電で5分しか飛ばせない。そこで2台に増やして交代で運行。充電はコントローラーの乾電池からと、PCのUSB経由でできるようになっている。これもその都度PCを作動させるのが面倒だし、もったいない。そこでデジカメ用充電器にUSB OUTが付いていたのでこれを使用することにした。これで大変効率よくなった。

1ヶ月ほど遊んだ結果、これは高齢者の脳力トレーニング《ボケ防止》に非常に有効ではないかと思えるようになった。右手と左手で高度と旋回、前進/後進を操作する。ほんの少しでも操作を誤ると即墜落!! その難しさにおいては、まるで本物のヘリを操縦する気分?! 

20cm四方のヘリポートから飛び立たせ、そのヘリポートに着陸させることは至難の技。室内には様々な障害物がある。それを避けて飛行させなければならない。無事ヘリポートに横転しないで着陸させること、これは1日1回くらいしか成功しない。これが思うままに操れたらすばらしい。

このヘリの優れた点は、じゅうたんの上ならば、なんど墜落しても壊れないこと。よくできている。本当は体育館の中などで練習すれば操縦が身に付きやすいであろうが、下が固い床では、すぐ壊れてしまうだろう。やはり自宅室内専用機だ。

ナノファルコン、これは子どものおもちゃでもあるが、高齢者のおもちゃとして最適! わが結論である。


ヘリ_item_0000000161_04

※写真は(株)シー・シー・ピーのWebサイトから転載

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。