けん玉日誌・・はねけん

「はねけん」のコツがやっと分かった。要は、中皿を中心点としてけんを回転させることがポイント。そして、始動時のけん(中皿)の傾き角度→ほんの少し向こう側(体の反対側)へ傾ける。

残るは、「地球回し」。これも、また難しい!
 
 

COMMENTS

コメントありがとうございました。

こんばんは。
『たけおのけん玉ブログ「けん玉日和」』を開設しているたけおと申します。(^^)
先日はコメントありがとうございました。
それに長いこと気付かず、思い切りお返事が遅くなってしまってごめんなさい。(-_-;)

はねけんは、私も競技者としても指導者としてもいまだ掴めそうで掴めない技の1つです。
記事で書いたコツは、はねけんの失敗でよくある
・中皿のふちが糸に引っかかる
・回転するけん先を目で追えない
このあたりの解決策を自分なりにまとめたものです。

はねけんの動作は人それぞれです。
私が書いたやり方はかなり極端なもので、トップレベルの選手などはそうしなくともさらりと成功させてしまうものです。
何しろ、書いた私本人ですらまたやり方が変わりつつあるくらいで。(^^;)
しかし、あのあたりに意識をおいた結果成功率が上がったのは事実。
参考になれたとしたら、とても嬉しいことです。

・けんをなるべくゆっくり回転させる
・ひざの曲げ伸ばしを利用し、高低差を使ってみる
現在私が重視しているのはこのあたりでしょうか。

ご自身のやりやすい動作が見つかる手助けに少しでもなれたら幸いです。

たけお

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)