スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けん玉・・「地球転がし」新しい技を開発!!

「地球回し」に悪戦苦闘している中で、新しい技を開発した。名づけて「地球転がし」。この技は「地球回し」の亜流ともいえるが、少し違う。けん先を玉に接触させつつ玉に刺す技である。

「地球回し」がなかなか決まらず、けん先がすっかりちびて丸くなってしまった。少し休憩、テレビを観ながら遊んでいるうちに偶然見つけた。「地球回し」のように玉を放り投げるのではなく、できるだけけん先に近く、理想的には常に接触させる気持ちで素早く回転させる。けん玉の技では禁忌に近いこと=手首をうまく使うことがコツ。けん先の上で玉を転がしている感覚である。

ちびたけん先だからこそできる技。これならイスに座ったままできる。車椅子でも遊べる技である。現在では10回中4回ぐらいは決まる。試しに、この要領で「はねけん」をやってみた。これもできないことはない。けっこう決まる。

けん玉は、膝をうまく使うことが必須である。しかし、上記の技は車椅子の障害者でも楽しめる。このような技がもっと開発されたらよいのではないか?? 健常者も障害者も楽しめるけん玉!!

 
chikyukorogashi.png

※上の画像では、玉が反時計方向に回転しながらけん先に触れつつけんに刺さる。この技はちびたけん先でないと決まり難い。新しいけんでは止めたほうがよい、玉を傷めるから。
 



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。