グリップ・・卓球でいちばんの基本となること

いま世界選手権大会が行われている。全部はテレビ観戦できないので、翌日の新聞を読む。

新聞紙上の写真、特に女子選手のラケットを握っている写真が役に立つ。ラケットと手・腕の角度、指の位置など。これらの選手の握りを参考にしながら、自分のグリップを試行錯誤し、改善している。

最近も、自分なりに改善してきて、打球のミスが少くなってきた。カットされたボールも前よりは上手く返球できる。自分では、卓球はグリップがいちばん”最初”で最も重要な要因だと思う。

●グリップ → スイング(手首・前腕・肩) → スタンス → 体幹のコントロール の順で自分のフォームに影響を与え、それが打球されたボールに効いてくる。
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)