Arch Linux インストールの日記

これは作業途中の全くの個人的なメモである。

Arch Linux のインストールに苦戦している。昨日、GUI設定の直前まで、CUIで無事にインストールできたようだったが、NG!! インストール後Poweroffしてから立ち上げたら、一度目は起動できたのだが、その次は起動できない。Log inとPasswordを受付けてくれないのである。

Log in:は "root" と入力し、パスワードを入れてもNG! ユーザー設定したからユーザー名とパスワードを入れてもダメ! 記憶/記録を間違ってしまったのか?

一度目の起動後、何かやったのだろうが、ユーザー設定以外に覚えがない。散々時間をかけてやっとインストールできたのに・・・。悔しい、残念!パスワードが違ったとき、どうするのか?

★ルートパスワードを要求されない設定をする:

/etc/shadowを編集して、rootの行の2番目の内容を削除する。 root:xxxxx:zzzzzz → root::zzzzz


再インストールの前に、手順をもう一度整理しておこう。管理人あひるのLinux専用PCのeSATA外付HDDにクリーンインストールする手順である。 ★参考・出典元サイト:http://qiita.com/syui/items/1ffec0f12c253cda122b 


Arch Linux のインストール手順

【1】 CD-Rから起動すると、下記の画面が出る。

 1.
 2.
Seleci CD-ROM Boot Type : _

ここで「1」を選び入力する。

【2】 AarchLinuxロゴの起動画面が現れる。自分のPCに対応する≪Boot Arch Linux (i686)≫を選ぶ。

【3】 ライン文字がぞろぞろ走り表示され、インストール準備が始まる。次の画面で止まる。

Arch Linux 3.14.1-1-ARCH (tty1)

archiso login: root (automatic login)
[ 122.977003] end_request: I/O error, dev sr0, sector 1103872
[ 122.977018] Buffer I/O error, on device sr0, logical block 275968
[ 122.977028] Buffer I/O error, on device sr0, logical block 275969
[ 129.510349] end_request: I/O error, dev sr0, sector 1103872
[ 129.510362] Buffer I/O error, on device sr0, logical block 275968
[ 129.510374] Buffer I/O error, on device sr0, logical block 275969
root@archiso~#

HDD上に何やらエラーがあるのか?? 無視してもいいのか分からない。とりあえず無視して次に進む。このエラーが後に重大な影響をおよぼすのか?? もし、そうなったら、その時に対処。

【4】 日本語キーボード用の設定

# loadkeys jp106

と入力する。


【5】 パーティションを設定する。

クリーンインストールなので、(インストール作業の事前に)HDD上の既存データを全部削除しておく。※インストールの過程でも全削除できるようだが、どのコマンドを使えばよいのか分からないし、視覚的に確認できた方が便利なのでGPartedを使う。このために、Ubuntu HDDとAcrhLinux HDDの2台を起動して実行する。(あひるシステムのおかげ)

# cfdisk /dev/sda

「ユーザーインターフェース」画面が出てくる。この画面上で、
1) [New]により2つの領域(sda1, sda2)を作成し、それぞれ10GBくらいを目安に設定する。(大きすぎると時間を要す?)
2) sda1にはBootを設定する
3) サイズを設定し終えたら、[Write]でYesとし、[Quit]で終了する。

※この作業は、冒頭に挙げた参考サイトを参照するとよい。

【6】 作成した領域を所定のフォーマット形式でフォーマットする。

mkfs.ext4 /dev/sda1 && mkfs.ext4 /dev/sda2



【7】 フォーマットした領域をマウントし、必要なフォルダを作成していく。

mount /dev/sda1 /mnt && mkdir -p /mnt/home && mount /dev/sda2 /mnt/home



【8】 コマンド $ vi /etc/pacman.d/mirrorlistを実行する。

$ vi /etc/pacman.d/mirrorlist


パッケージ管理のサーバーリストを編集し、日本のサーバーアドレスをリスト上位に持ってくる。
/etc/pacman.d/mirrorlist上の下記の行を一番最初に配置する。

Server = http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch

OKであれば、「Esc」 -- 「:wq」


【9】 ベースシステムのインストール

# pacstrap /mnt base base-devel


【10】 ブートローダーのインストール

# pacstrap /mnt grub-bios


【11】 /etc/fstab を生成する。

# genfstab -p -U /mnt >> /mnt/etc/fstab


【12】 /mntをルートディレクトリとして作業する。

# arch-chroot /mnt


以下、 arch-chrootでの作業になる。

COMMENTS

No title

朱い 様

コメント、ご指導ありがとうございます。結局CUIの設定はフルコース終わり、次のGUI(Xウインドウシステム実現)のための設定をしたら、エラーだらけで、Xシステムの画面が表示されません。

本文の手順【3】に記したように、最初に何やらエラーが起きているので、このためxシステムの設定にエラーがおきているのか??とも思います。

教えていただいたように、ビギナースガイドをよく読んでみます。ありがとうございました。

Arch Linuxは本当にLinux/Unixを学には良いOSですね。いまのところハードルが高いですが、脳の活性化のために挑戦し続けます。

No title

無記名の方へ

コメントありがとうございます。passwd 実行しました。実際にはメモした記録と違った文字が入力されてしまったのか?とも思います。または、キーボードが劣化しているので間違った文字として受け付けられていた?(実際に起こるのか分かりませんが)

やむなく、この記事の上のほうに書いたように、パスワードを要求されない方法が分かりましたので実行し、次のステップに進むことができました。

No title

arch-chrootした後、passwdコマンドは実行しましたか?

$ passwd [username]

の様に実行すると、username(省略するとroot)のパスワードを設定することができます。

No title

先日、偶然にも私もArchLinuxをインストールしました。(特に理由はなく、興味から)
その際に、公式のビギナーズガイドが非常に参考になりましたので、そちらをご覧になってみてはいかがでしょうか。
( https://wiki.archlinux.org/index.php/Beginners%27_Guide_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%29 )

あひるさんが参考にしているサイトは、仮想環境での構築を行っているようですし、ビギナーズガイドの通りに構築してみてはいかがでしょうか。

ビギナーズガイドの方は非常に文章量が多く感じるかもしれませんが、その分丁寧に書いてあります。また、文の半分くらいは環境に合わせて読み飛ばすことができるはずです。


私はほぼ、このビギナーズガイドのみで環境を構築することが出来ました。(GUIの構築については他の資料を漁りましたが)
もしすでに参考にしていましたら申し訳ありません。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)