スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arch Linux のインストール ・・ パーティショニング

【1】 準備
1) 日本語キーボード用の設定

# loadkeys jp106

2) 旧パーティションテーブルを消去する

# sgdisk --zap-all /dev/sda


【2】 fdisk を使って MBR パーティションを作成する
Beginner's Guid (日本語)
Beginner's Guid (日本語)の目次
 
【3】 ファイルシステムの作成
Beginner's Guid (日本語)

【4】 パーティションのマウント
Beginner's Guid (日本語

【5】 ミラーの選択

# nano /etc/pacman.d/mirrorlist

パッケージ管理のサーバーリストを編集し、日本のサーバーアドレスをリスト上位に持ってくる。
/etc/pacman.d/mirrorlist上の下記の行を一番最初に配置する。
Server = http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ArchLinux/$repo/os/$arch
Beginner's Guid (日本語)

【6】 ベースシステムのインストール

# pacstrap /mnt base base-deve


【7】 fstabの生成

# genfstab -U -p /mnt >> /mnt/etc/fstab
# nano /mnt/etc/fstab

Beginner's Guid (日本語)

【8】 Chroot とベースシステムの設定

# arch-chroot /mnt

以下、「70歳でも・・」【12】へ
1) Locale
2) コンソールフォントとキーマップ
3) タイムゾーン
4) ハードウェアクロック
5) カーネルモジュール
6) ホストネーム
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。