ATOK X3 for Linux on Ubuntu 8.04, 100% OK!!

 親切なコメントのおかげで、当方のATOK X3 for Linux on Ubuntu 8.04はOKとなった。すなわち、ATOKパレットが毎起動時に、必ず表示されるようになった。
 
 ”その手当”後、きょうで10日経過したが、1回もミスっていない。

 当方が施した“その手当”とは、ATOK X3 for Linux 正規版CDのインストール後:

  1) JustsystemによるUbuntu7.10用インストール修正ガイドの実施
  2) /etc/X11/xorg.conf]の中にある[ Option "XkbOptions" "grp:alt_shift_toggle,grp_led:scroll"]をコメントアウトした。
  3) /opt/atokx3/bin/atokx3start.sh の実行
  
 以上の3項目である。コメントをくれた人は、毎回項目3)を手動で実施しているようだが、当方のPC環境では、1回</opt/atokx3/bin/atokx3start.sh >を実行したら、あとは100%ATOKパレットが立ち上がるようになった。理屈はよくわからないが、とにかく有効に機能してくれるので感謝な事である。
 
 この結果、Ubuntuの方が、Fedoraより数段使いやすくなったので、Fedora7にはすっかりご無沙汰している。Fedora7には、ATOK X3はインストールしていない。

 というのは、Fedoraはバージョンアップが頻繁すぎる。せっかく苦労してインストールし動作するようにしても、またバージョンが変わるとやり直し、ATOKをインストールする気がしない。
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)