XAMPP for Linux の問題点

XAMPP のインストールは成功しているようだが、下の画面(小ウインドウ)内の「Go To Application」をクリックすると、エラーメッセージ”Google Chrome can not be run as .... ”が表示されて次へ行けない!!

Xampp_Selection_009.png


●なお、エラーメッセージは、下記のサイトの情報により回避できた。
【出典】 http://stackoverflow.com/questions/12258086/how-do-i-run-google-chrome-as-root

Second solution:
Edit the file /opt/google/chrome/google-chrome
find exec -a "$0" "$HERE/chrome" "$@" or exec -a "$0" "$HERE/chrome" "$PROFILE_DIRECTORY_FLAG" \ "$@"
change as exec -a "$0" "$HERE/chrome" "$@" --user-data-dir ”/root/.config/google-chrome”


上の記述に基づき現Chromeの "google-chrome"ファイルを下記の通り修正変更した。

# Note: exec -a below is a bashism.
exec -a "$0" "$HERE/chrome" \
--user-data-dir="$CHROME_USER_DATA_DIR" $CHROMIUM_USER_FLAGS "$@"
else
exec -a "$0" "$HERE/chrome" "$@" --user-data-dir ”/root/.config/google-chrome”

緑色部を追記したら、警告が表示されなくなった。しかし、依然としてXAMPPのコントロール画面は表示されない!!

●Google Chrome をrootで開くことはできたが、このモードは全く使いものにならない。当然ながら通常のChromeと異なるものになってしまい、履歴が全く引き継がれないから。それにrootで動作するのは非常に危険が伴う。セキュリティの問題と動作エラーが起こる恐れ。 

なぜ、わがLinux PCではXAMPPが正しく作動できないのか? インストールの問題か、それともArch Linuxのセットアップに問題が存在しているのか??
 
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)