WordPressをローカルで使う方法・・Arch Linux の場合

〔1〕 XAMPP と WordPress を正しくインストールする。

・XAMPP: XAMPP for Arch Linux参照
・WordPress: 「基礎からのWordPress」 高橋のり著 [CB Creative発行] を参考にした。

〔2〕 WordPress ローカル版の起動

1. XAMPP を起動する

$ sudo /opt/lampp/manager-linux-x64.run

Xamppの小ウインドウが開く。

Screenshot_Xampp5_6_12_2015-10-03.png

ここで 「Go to Application」をクリックすると下の小ウインドウ開く。

Screenshot_Server_not_running_2015-10-03.png


--「Start Servers」をクリックすると、次の小ウインドウ開く

Screenshot_GoogleChrome_cannot_2015-10-03.png

--「OK」をクリックする。

するとブラウザFirefoxが自動的に開き、「Welcome to Xampp」 http://localhost/dashboard/ が表示される。※この段階では、愛用のGoogle Chromeは開けない!

Screenshot_Welcome_to_XAMPP_2015-10-03.png


2. Firefoxの新規タブを開きURLに《http://localhost/mylog/》と入力する。※この段階では、Google Chromeも使用できる。

→WordPress トップページ表示!
 

3. XAMPP を停止する

# /opt/lampp/lampp stop

★この手順を省くと、PCが shut down しない。

【考察】
XAMPPの導入方法がすっかり変わっていたので大苦戦した。サイト上のXAMPPの設定方法に関する情報は今回は利用できなかった。すべて旧方式の説明であった。参考書の記述も旧方式用であった。インストール完了後に表示される筈の”XAMPP Control Panel” が失くなっていたのだ! 最初の段階で頓挫。あちこち調べまくって、この事実が分かった。

さらに、MySQL作成用のページにGoogle Chrome では辿りつけないようになっていた。このページを開くリンク《phpMyAdmin》が欠落していたのだ。Firefox上では表示されているのに。

Google Chromeで散々試行の末、Firefoxに切り替えて、このことを発見した。これがブレークスルーとなり。試行錯誤の末、ようやくWordPressが自分のPC内ローカルで使用できるようになった。上記に図と共に解説した手順で、MySQLとWordPressの設定がようやくできた。ずいぶん手間をくったが、その分勉強になった。

環境が整えられたので、これからはWordPressに本格的に取り組める。
 


COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)