スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真を多く配置するDTP(自分メモ)

作品展に出品する写真資料を制作している。その手順のメモ:

1. jpg画像をGIMPで開く

2. GIMP上で画像のサイズを調整してから、その画像をコピーしInkscapeに貼り付ける。Inkscapeは[A4サイズ]テンプレートで新規に開いておく。 ★写真画像は大きめのサイズで貼り付け、Inkscape上で縮小・微調整する。→解像度が良くなる。GIPM上で縮小してから貼り付けると、仕上がりが同じサイズであっても解像度が落ちる。

3. 写真(複数)を配置し、文字を加えて仕上げる。svg形式で保存する。PDF形式で保存し印刷すると、別のPCを使った場合、フォントが違ってしまう。

4. GIMPでこの完成したsvgファイルを開く

5. jpg形式にエクスポートする

6. MacBookPro/MP950で、完成したjpgファイルを印刷する

以上、当面のベターな手法である。

●GIMPやPhotoshopなど、単独の写真ソフトだけを使って、文字入り写真レイアウト版を仕上げるのは、かなりしんどい。まず綺麗に仕上げられない。その点、Inkscapeを使うと、自由自在!
 
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。