3ボールジャグリング・・シャワー練習メモ

参考元: http://www.7131.jp/guide/ball_shower.html#b2shower

最初は

●ボール2個のお手玉 (2-Ball Shower)

【練習方法】
ボールを左右に1個ずつ持ちます。右手のボールを投げて、それが落ちてくるまでに左手のボールを右手に渡します。落ちてきたボールを左手でキャッチしたら、再び右手のボールを投げ上げます。

2シャワーは、左手でキャッチしたときに一瞬静止できるので、それほど難しくはありません。ボールを高めに上げて練習すればすぐにできるようになります。

【参考までに】
左手から右手にボールを渡すとき、普通はほぼ水平にすばやく投げます。しかしとにかくボールを渡すことができればいいわけですから、投げないで左手と右手をくっつけて受け渡しても構いません。


●シャワー (3-Ball Shower)

【練習方法】
右手に2個、左手に1個ボールを持ちます。まず右手の1個を高く投げ、それが落ちてくる前に右手の残り1個と左手の1個を同時に投げます。右手で投げるボールは先程投げたボールと同様に高く上げ、左手のボールは右手に向けて真横に投げます。そして最初に投げたボールが落ちてきたら左手でこれをキャッチし、再び右手と左手を同時に投げます。はじめのうちは余裕がないので、右手で投げるボールを極力高くするようにしましょう。

シャワーでは右手は常に放物線を描くように高く投げ上げ、左手は常に真横にすばやく投げます。本当は右手と左手の動きには僅かにタイムラグがあって、右、左、右、左、……という具合に投げるようです。ただ私はそれをちゃんと認識して投げているわけではありませんし、実際ほとんど同時に投げているような気もします。全く同時だと「シンクロシャワー」という別の技になるらしいですが、あまり気にしなくてもいいと思います。

シャワーを反時計回りに楽に投げられるようになったら、時計回りにも挑戦してみましょう。左手でも右手と同じことができるようにしておくというのは、他の技を修得するときに役立ちます。

【注意点】
慣れないうちは左手の投げが真横にならずに、ふわっと宙に浮いてしまうと思います。これを直すには、左手のボールを右手に叩きつけるようにしてみてください。このとき右手のボールは、投げるというよりも「左から来たボールを受け取るために離してしまった」という感じになります。最初はボール2個だけでやってみてください。このやり方でボール2個のお手玉がうまくできるようになったら、次第に右手で投げる高さを高くしていきます。十分高く投げられるようになったらボールを3個に増やしてシャワーの練習をしてみてください。

シャワーを何回か続けたときに体が右の方に移動してしまうということはありませんか? これは右手の投げがちゃんと左に向かっていないということですので、この場合もボールを2個に減らして、右手の投げに神経を集中させてやってみてください。ボール2個で問題なくできれば練習を続けることで3シャワーもできるようになります。

【参考までに】
片手2個ができる人は、片手2個を投げるタイミングで投げるようにしてみてください。片手2個にもう1本手を添えたのが3シャワーです。

3シャワーは、サイトスワップの5の高さに投げる技としては最も簡単なものです。本来なら右手で投げるボールは普通のカスケードの3~4倍の高さになるところですが、実際にはそれほど高く上げる必要はありません。慣れてくるとカスケードと同じ高さでもできるようになります。


COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)